VroidStudioを使ったお洋服データの設定方法

自分だけのオリジナル3Dキャラクターが作れる
アプリケーションVRoid Studioの使い方について

VRoid Studio

必要なもの

1.下記OSが搭載されたいづれかのパソコン

・Windows 8.1/10

・MacOS 10.13 High Sierra/10.14 Mojave/10.15 Catalina

2.BOOTHでお買い物をするなどに使うPixivアカウント

VRoid Studioとは?

誰でも簡単に3Dモデル(アバター)の作成ができるアプリケーションで、無償で使うことができます。

VRoidStudioのダウンロード方法と起動の手順

下記のVRoidStudio公式サイトからWin版とMac版どちらから選び、ダウンロードします。
https://vroid.com/studio/

VRoid Studio

ダウンロードしたzipファイルを解凍して【VRoidStudio.exe】をダブルクリックしてVRoid Studioを起動しインストールを開始ます。

VRoid Studio

インストールが完了後、起動をしたらサンプルまたは新規作成をクリック作成して次へ進みます。

サンプルキャラについて(以下、公式より引用)
本サンプルモデルのCCライセンス(※)は「CC0」です。素体、衣装等の改変はOKですので、自由に利用してください。(他者のご迷惑になるような利用はお控えください。良識の範囲内でご活用いただけますと幸いです)

作成したオリジナルのモデルは(既存のキャラクターを模倣したものは除く)商用利用もOKとの事。
※DearMyloveの衣装を着せたキャラクターは、再配布になりますので、商用としては扱えません。

VRoid Studio

アプリケーション内での操作について

VRoid Studio

基本操作について

カメラ操作について

回転:右ドラッグ
移動: Shift + 左ドラッグ、Space + 左ドラッグ
ズーム:マウスホイール

ご購入頂いた衣装データの反映方法


VRoid Studio

BOOTHにてご購入頂いた、衣装データの入ったZIPファイルを解凍します。

VRoid Studio

①画面内の【衣装編集】タブに切り替えます

②ご購入頂いた商品毎に、衣装のテンプレートを合わせる必要があります、例で使われているのはワンピース(長袖)のテンプレートがベースなので選択します。

③テンプレートを切り替えたら【テクスチャ】タブをクリック

VRoid Studio

①ワンピース(長袖)のテクスチャを選択しているかチェック

②デフォルト画像を非表示にします。

③レイヤーを右クリックして、先ほど解凍した衣装データからお好みのカラーをインポートを選択します。

VRoid Studio

インポート後、衣装が更新されます。

VRoid Studio

衣装の更新が完了したら、画面左上の【ファイル】をクリックし、名前を付けて保存をします。

VRoid Studio

撮影・エクスポートについて

ポーズ&アニメーションを選択して、色んなポーズをとる事ができます。

VRoid Studio

背景を選択して、撮影サイズに合わせた背景画像を読み込んで好みの画像を撮影ができます。

VRoid Studio
VRoid Studio

エクスポートについて

エクスポートの項目を選択、画面右のエクスポートボタンを押す事で、VRMファイルを作成する事ができます。

VRoid Studio

VRMファイルを対応しているアプリケーションの中には、ポリゴン数やボーン数など制限がある場合がありますので、画面右のポリゴンの削減等を調整して、条件にあったVRMファイルを作成してエクスポートする事が出来ます。

今後もVroidStudioをより扱えるようになる方法などを紹介するページを予定しております。

夢展望BOOTH店はコチラ